いざという時の心構えと共に検討しておきたい町田市の葬式

葬儀

Article List

公営式場で特別価格の葬式を

葬儀場には民間のものと市などが運営する公営のものとがあります。公営の式場は民間の式場よりも安価で利用することができる為、町田市には公営式場を利用した際の特別価格のプランを用意している葬儀社があります。
町田市には地元でもよく知られている公営の式場があるので、そちらを利用すればこの特別価格のプランが適用されるでしょう。葬式が行われる場所が分かりやすいというのは、参列者にとっても有難いことです。この特別価格のプランには、式場使用料や火葬料金、寝台車や必要日数分のドライアイス、必要日数分の安置施設の料金などが全て含まれた費用になっています。プランも4つ用意されており、10名ほで行う一日葬であれば35万円、10名ほどの家族葬であれば38万円、30名ほどの家族葬であれば40万円、50名ほどの一般葬であれば50万円となっています。
どのプランにも、プロの納棺師によるラストメイクや手続きサポートコンシェルジュがついているので安心です。手続きサポートコンシェルジュとは、年金や保険、戸籍などの手続きに専任の司法書士事務所の同行してくれるサービスです。町田市で葬式をする際には、公営の式場を利用して特別価格のプランで葬式をしましょう。

町田市では家族葬が人気

皆さんは、家族葬という言葉を聞いたことはありますか?家族葬というのは、葬式の一種であり、最近注目されている葬式でもあります。町田市でもこの家族葬を行うところが増えてきています。そこで今回は、この家族葬について書いていきたいと思います。
私たちが葬式と聞いてイメージするものは一般葬と言われる、昔から行われてきた葬式だと思います。しかし、近年では高齢化が進み故人になる頃には家族や親戚などとしか関係を保っていないという方も増えてきているのです。そのため、一般葬のように仕事関係の方やご近所の方なども招くような葬式はせず、家族や親戚のみで行う家族葬が人気になってきているのです。
この家族葬は、特に都心部で多く行われる傾向があり、町田市もまた都心部ですので家族葬を行うご家庭が多いのです。このように、葬式は昔に比べると現代の状況に合わせて少しずつ変化していっており、また家族葬の他にも様々な種類の葬式がありますので、様々なケースに対応した葬式を選ぶこともできるようになっています。町田市のように都心部に住んでいる方はもちろん、その他の地域に住んでいる方々でこれから葬式をしようと考えてる方は、是非とも自分に合った葬式を選択してみて下さい。

今の葬式とは

超高齢化社会が心配されている中でその後のことが心配されている方も多いのではないでしょうか。今町田市では家族葬という形の葬式の継体が話題になりつつあります。一般的には葬式にかかる費用が200万円前後かかってしまいます。大きく分けると「葬儀一式費用」「飲食接待費用」「宗教者への支払い」になります特に2つ目の「飲食接待費用」は弔問者の数によって大きく左右されてしまいます。葬儀一式費用は、三つの費用の中では金額的にもっとも多くを占めるのが通例です。
葬儀社の多くが「葬儀プラン」や「葬儀セット」という一種のパッケージ商品を出しています。葬儀費用を検討する際にはそうした葬儀社のセットの内容を参考にするのもよいかもしれませんね。どのような葬儀にしたいかによって大きな幅がでるのは明らかです。町田市で行っている家族葬はコストを十分に抑えることができます。家族葬とは、家族や身近な友人とのお別れを重視し、儀礼的な弔問などをなくし、家族中心で葬式を行うことをさします。一般の葬式の小さい番と捉えてもらえればいいと思います。そのため、葬式自体のコストも一般的なものに比べても抑えることができるのです。町田市の中でも家族葬を行っている葬儀社もありますので、一度検討してみるのもよいかもしれません。

終活の一環で葬式用の服を選ぶ時のポイント

自分の人生を最良の形で締めくくる為に行われている終活の一つとして、エンディングドレスを生前に準備する人が増えています。自分が葬式で旅立つ時の服装も自分で選びたい、という人が、家族と一緒に葬式用のドレスを選ぶ時代になったのです。 新しい時代に合わせた死装束のようなものですが、辛気臭さを感じさせるようなものではなく、まるでウエディングドレスのようなデザインに洗練されたものになっています。専門業者が作るものは、お葬式で使うだけではもったいないと思えるくらい、ファッション性の高いドレスが登場しています。自作も不可能ではありませんが、自分で作ろうとするとネグリジェのようになりやすい傾向が見られます。外見にこだわるのなら、エンディングドレス専門の業者に注文した方が確実です。 エンディングドレスを選ぶ時のコツですが、やはりドレスの丈夫さや着せる時の手間などを考えると、国内の工場でしっかり縫製されたものの方がおすすめです。ドレスの生地はシルクなどが多く、特殊な用途のドレスなので、縫製が難しいからです。亡くなった人の体は死後硬直しているので、眠っている人の着替えをするよりもはるかに難易度があがっています。ドレスの生地も、国内で作られたものを厳選して使っているところの方がいいでしょう。

Pick Up

TOP