いざという時の心構えと共に検討しておきたい町田市の葬式

葬儀

お葬式に参列するときの服装のマナー

仏壇

悲しい知らせは突然やってくるものですし、急に明日、お葬式に参列することになった、ということも大人であれば十分考えられることです。そんな時に慌てたり、失敗して恥をかいたりすることがないように、事前に最低限のマナーはしっかりと覚えておきましょう。まず、参列者がいちばん気になることと言えば、服装です。葬式に参列する服装には、マナーがあるため、知らないと恥をかくだけでなく喪主にも気を遣わせてしまいます。好ましい服装としては、通夜であれば、男性は紺やグレーのスーツでも問題ありませんが、葬式の場合は黒のスーツを着用します。女性は喪服か、黒のワンピースまたはスーツで参列します。年齢に関係なく、スカート丈が短いものは印象がよくありませんので、注意が必要です。例え黒のものであっても、光沢のある素材のものは葬式には好ましくありません。エナメルの靴やバッグなどは合わせないようにしましょう。小物に関しては、男性はネクタイも黒を選び、その他のものも黒を選びます。靴も黒いものを選びますが、金具の付いたものや派手さのあるデザインのものは避けましょう。急な知らせにも対応出来るよう、日頃からフォーマルウエアや関連小物を用意しておくことも大切です。

Pick Up

TOP