いざという時の心構えと共に検討しておきたい町田市の葬式

葬儀

神道の葬式に出席する時の服装やマナー

線香

日本国内で行われる葬式は仏式が多くなっていますが、古来より行われてきた神葬祭も一般的なものとなっています。仏式と神道の形式による神葬祭とでは服装やマナーに違いはあるのでしょうか?両者の違いについて見ていきましょう。
まず服装については、神葬祭でもブラックスーツなどフォーマルな形式を切ることが多くなっています。男性なら黒のネクタイや靴、靴下を身に付けること、女性であれば化粧は控えめにして髪もシンプルにまとめることが望ましいとされています。なお子供が神葬祭に参列するならば、学校制服があればそれを着用し、なければ地味な服装が理想とされています。また数珠については、神葬祭においては持参する必要はありません。
そして香典についてですが、仏式であれば「御霊前」と書くのが一般的ですが、神葬祭においては使うことができません。神葬祭における香典には「御玉串料」や「御榊料」といったように書くことが一般的であるため、間違えないように注意したいところです。
簡素かつ現あっくなイメージのある神葬祭は最近では増えつつあるため、仏式と同じように参加すると親族に対して失礼を働きかけることになります。マナーや服装には十分に配慮してから参加するように心がけましょう。

Pick Up

TOP